災害時の備蓄水としても利用できる

もしもの時の心強い備蓄水になる!

最近、全国各地で災害のニュースを聞くことが多くなっています。いつ自分の身に降りかかってきてもおかしくありません。そんな時の備蓄水のため、ペットボトルの水をストックしている方もいるでしょうが、ウォーターサーバーを導入すれば備蓄水の確保も可能となります。普段使用する水の量より多めに配達してもらうことにより、余った分を備蓄水として確保しておけば良いのです。災害時の備蓄水は1日1人あたり3リットルで最低3日分が推奨されていますので、これを目安に配達してもらっておくともしもの時に安心です。このような用途で使用する場合、ストック置き場のことも考えておく必要があります。積み重ねて保管できるものを選ぶのもポイントです。

賞味期限を気にする必要なし!

ペットボトルの水を備蓄水としてストックしている場合、気がつけば賞味期限が切れていたという経験はないでしょうか。賞味期限が切れても品質劣化の観点としてはあまり問題にならないと言われています。しかし、どことなく不安を感じる方も多いのではないでしょうか。ここでも、ウォーターサーバーの導入で問題を解決することができます。配達される水を古いものから使用していくことで、常に新しいものがストックされる状況になります。これにより賞味期限のことは一切気にする必要がなくなるのです。ただし、ストックされていることが前提となりますので、注文の際は備蓄量を十分に加味してストックを切らさないようにすることが重要になります。