月額でかかる費用には何があるか

ウォーターサーバー設置で発生する費用

ウォーターサーバーを導入する企業が増えています。手軽に冷たい水だけでなく、熱いお湯も利用することができるため、従業員の過ごしやすいオフィス環境に貢献してくれる便利なサービスです。しかし物は水だとしても無料ではありません。そもそも水自体が会社の水道から引いているのではなく、業者に用意してもらうもののため、使った分だけ費用が請求されてしまうのです。こういったウォーターサーバーの会社は、初期費用や場合によっては最初の何個かのタンク代を無料にしてくれますが、サーバーレンタルの費用はどうしても掛かってしまいます。そしてもちろん、電気で冷やしたりするものなので電気代が掛かります。会社にとって電気代はそれほどではありませんが、一応意識しておいた方が良い点でしょう。

紙コップなどの備品で費用が発生する場合がある

ウォーターサーバーに必須のアイテムとして紙コップがあります。これは契約によって変わって来ますが有料の場合もあり、使っている以上は費用が発生してしまいます。ウォーターサーバーレンタル代、水のタンク代、電気代、そして紙コップなどの備品代がウォーターサーバーを使う上で発生する費用と言えます。これに通常ならば初期契約費用も発生する形になるのです。ウォーターサーバーは使ったことのない人にとっては水道でいいのでは、と思う設備ですが、実際にあると非常に便利なものです。夏場などに冷たい水が飲めるのは非常にありがたいですし、自分のカップを持っていなくても、手ブラで行って紙コップで飲めるのはとても便利だからです。